アドセンス審査に合格するためのワードプレスの設定と意味「ダッシュボード→外観」

ワードプレスの設定は、初めての方には、ちょっと難しいと感じます。特に、ワードプレスを簡単インストールしてから、ワードプレスのダッシュボードの各種設定が難しいと思います。

ワードプレスは、運営していくブログによって、さまざまな設定が出来ます。ワードプレスの設定する項目は、沢山あります。テンプレートによっても変わります。そこで、アドセンス審査に合格するために、私が行っている「アドセンス審査合格対策用ワードプレス初期設定」(ダッシュボード→外観)を解説していきます。

実際に、アドセンス審査に合格したブログ「学んだ情報シェアブログ」の設定と同じ設定で、私が、周りの方々におすすめしているワードプレスの設定です。

ワードプレスのダッシュボードとは以下の場所の事です。(賢威8のダッシュボードの画像です。)
アドセンス審査合格対策用ワードプレス初期設定「設定→投稿設定」

ダッシュボードの項目は、ワードプレスのテンプレートで異なります。
例として、賢威8では、「賢威の設定」「賢威リンクカード」「共通コンテンツ」は賢威8の独自の項目です。cocoonでは「cocoon設定」が独自の項目です。

今回は、どのテンプレートでも共通しているワードプレスの設定「ダッシュボード→外観」を解説していきます。

スポンサーリンク

アドセンス審査時のワードプレスの設定「ダッシュボード→外観」

ワードプレス初期設定「外観」アドセンス審査合格対策用

「外観」の設定では、
テーマ
カスタマイズ
ウィジェット
メニュー
テーマの編集(テーマエディター)
以上を設定していきます。

アドセンス審査合格対策用の「外観」の設定です。

テーマ

ワードプレス初期設定「外観」アドセンス審査合格対策用
アップロードしたWPのテンプレートのテーマの一覧が表示されます。ここで、テンプレートのテーマをアップロードもできます。

テンプレートの「親テーマ」と「子テーマ」について、賢威8、cocoonなど、ほとんどのテンプレートは、親テーマ、子テーマの2つのテーマがあります。順番は、親テーマをインストール→有効化して、子テーマをインストール→有効化します。テーマの画面では、「子テーマが有効化」されている状態にします。

親テーマと子テーマは、2つで1つのテンプレートになっています。親テーマのみのテンプレートは、例えば、テンプレートのアップデート・修正があったときに、今までのテンプレートのカスタマイズも引き継ぐことなく、上書きされてしまいます。そうすると、テンプレートのアップデートのたびに、ブログのカスタマイズを再度する必要があります。

・ブログのカスタマイズの内容は子テーマが担当。
・ブログのメインの構造の内容は親テーマが担当。

2つのテーマで役割を分けることによって、親テーマがアップデートされて、内容が上書きされても、ブログのカスタマイズは子テーマで行っているので、再度ブログのカスタマイズをする必要がなくなります。上記がメリットです。デメリットとしては、親テーマと子テーマの構造・仕組みがちょっと難しいことです。

 

タカスタマイズ

ワードプレス初期設定「外観」アドセンス審査合格対策用
ブログを見ながら、各種の設定が出来ます。

ブログ全体、サイドバーエリアの色、カラムなど、直接HTML編集しなくても、ブログをカスタマイズできます。
アドセンス審査の合否には直接関係がない設定ですが、アドセンス審査中は、出来るだけシンプルなブログにします。

 

ウィジェット

ワードプレス初期設定「外観」アドセンス審査合格対策用
ウィジェット→サイドバーの設定が出来ます。
左側にあるウィジェットから好きなものを選択して、ドラッグして右のエリアに追加します。各ウィジェットの細かな設定もここから出来ます。

アドセンス審査時に、サブコンテンツ「サイドバー」に必要なのは、「最近の投稿」「カテゴリー」「アーカイブ」「メタ情報」の4つのウィジェットを設置します。アドセンス審査に合格したら、他のお好きなウィジェットを追加していきます。

ここで、アドセンス審査時のポイントは、「画像付き 最近の投稿」「画像付き PVランキング表示など」を使用しないことです。理由は「アドセンス審査時に画像を載せないほうが良い」と考えているからです。

「最近の投稿」「カテゴリー」「アーカイブ」「メタ情報」の設定
ワードプレス初期設定「外観」アドセンス審査合格対策用

「最近の投稿」
表示する投稿数 5件
投稿日を表示しますか? チェックします。

「カテゴリー」
投稿数を表示 チェックします。
階層を表示 チェックします。

親カテゴリーと子カテゴリーは、関連しています。
ブログの表示では、子カテゴリーが右に少しずれて表示されます。
(投稿→カテゴリー→「階層を表示する」

スポーツ  親カテゴリー
 野球   子カテゴリー
 サッカー 子カテゴリー
(↑)子カテゴリーが、ちょっと右にずれて表示されます。

カテゴリーは、一度にまとめて作成できますが、記事が投稿されていないと、
ブログには表示されません。

「アーカイブ」
投稿数を表示 チェックします。

「メタ情報」
メタ情報は、そのままで良いです

 

メニュー

ワードプレス初期設定「外観」アドセンス審査合格対策用
グローバルメニューに表示させるメニューの設定を行います。グローバルメニュー・フッターメニューは、固定ページのURL(固定ページには個別記事と同じでURLがある)でリンクしています。また、リンク先を、他のブログ、サイトにリンクすることもできます。一般的にグローバルメニューの「ホーム」はブログのトップページにリンクされています。

ワードプレス初期設定「外観」アドセンス審査合格対策用

「ホーム」をトップページにリンクして作ります。
URL:https://○○.com

固定ページで「お問い合わせ」のページを作ります。
URL:https://○○.com/mail
プラグイン「Contact Form 7」を使います。

固定ページで「プライバシーポリシー」のページを作ります。
URL:https://○○.com/privacypolicy
プライバシーポリシーの見本を、リライトして使って作ります。

固定ページで「サイトマップ」のページを作ります。
URL:https://○○.com/sitemaps
プラグイン「PS Auto Sitemap」を使います。

 

テーマの編集(テーマエディター

ワードプレス初期設定「外観」アドセンス審査合格対策用
テーマの編集、テーマエディターでは、直接テンプレートのHTML、CSSを編集することが出来ます。編集するときは、一度、元のソース(データ)をメモ帳等に張り付けて(バックアップを取っておく)おいて、もしも、編集でバグ、画面が表示されなくなる恐れもあるので、バックアップを取ってから、編集すると安全です。

テーマの編集は、正しく行わないと、プログラムが動かなくなってしまう事もあります。ですので、「外観→カスタマイズ」機能で編集できる箇所は、カスタマイズ機能を使うと良いです。

現在のほとんどのテンプレートには、直接、テーマの編集で、「アドセンスコード・アナリティクスのコード」を挿入しなくても、最初から「アドセンスコード・アナリティクスのコード」を入力する欄が備わっています。

極力、直接「テーマの編集」をしないほうが良いです。

変更を保存
最後に「変更を保存」をクリックします。ワードプレスの設定は、最後に「変更を保存」をクリックすることが多いので、設定したり、設定を変更した場合は、必ず「変更を保存」をクリックします。

スポンサーリンク

アドセンス審査時のワードプレスの設定「外観」のまとめ

以上がベルメンエアがおすすめしている、アドセンス審査合格対策用の「外観」の設定です。

ウィジェットは、「最近の投稿」「カテゴリー」「アーカイブ」「メタ情報」の4つのウィジェットを設置します。「画像付き 最近の投稿」「画像付き PVランキング表示など」また、「プロフィール」も使用しないほうが良いです。アドセンス審査に合格後に使用します。

メニューは、グローバルメニューに、「ホーム」「お問い合わせ」「プライバシーポリシー」「サイトマップ」のページを作ります。

以上が、私ベルメンエアの考えているアドセンス審査時のポイントです。

アドセンス審査の合否には、関係ありませんが、テンプレートの親テーマと子テーマの構造・仕組みがちょっと難しいですが、子テーマも使うことをおすすめしています。

アドセンス審査に合格したブログ「学んだ情報シェアブログ」です。参考にしてみてください。

ご質問等がある方は、お気軽に「お問い合わせ」からベルメンエアまで、ご連絡ください(^^)お役に立てればと思っています。

以上、
ワードプレス初期設定「外観」アドセンス審査合格対策用
でした。

スポンサーリンク