アドセンスの審査の不合格の原因と改善方法・WPブログの設定の合格対策用PDFを公開しています。

アドセンスの審査に合格するためにワードプレスブログの構成・各種設定の説明書をアドセンス審査合格対策用にPDFで作りました。テンプレートは、「賢威8、賢威7、cocoon」用です。これからブログを作る方、初心者の方、審査に通らない、落ちた方へ。不合格の原因と対策を解説していきます。

アドセンス審査に合格したブログです。ブログ運営期間2週間で14記事で合格しています。

アドセンス審査に合格する方法は、いろいろな考え方、方法があると思います。多数ある内の1つとして私の考えるアドセンス審査の合格の対策を参考にしてみてください。

私が考えているアドセンス審査に不合格、通らない、落ちてしまう原因は、以下の項目が考えられます。

・ドメイン「〇〇.com」を取得したとして、「〇〇.net」「〇〇.xyz」「〇〇.biz」「〇〇.xxx」「〇〇.adult」などで調べて、違法サイト、アダルトサイト等に使われている場合
・ブログの構成が複雑になっている
・SNS(Twitter、facebook、Instagramなど)をリンクさせること、フォローボタン、シェアボタンを表示している
・(自分で撮った画像、動画も含む)ヘッダー画像、ファビコン、記事内の画像、動画、アイキャッチ画像を掲載している
・他サイトへの外部リンクをしている
・アドセンスではない他社のアフィリエイトリンクを掲載している
・アドセンス審査用コードを2個以上入れてしまう。各ページにコードを入れている場合。
・ブログのURLを間違えてアドセンス審査に記入する。
・ワードプレスのインストール時にURLを「https://〇〇〇.com/wp」と最後に「wp」を付けてしまっている
・記事内に内部リンクをしている(リンクカード機能など)
・Googleアナリティクス、Google Search Consoleに登録していない
・ブログの個別記事で検索エンジンにindexさせたくない記事をnoindexで非表示にしている場合。
・ワードプレスのダッシュボード →設定 →表示設定 →検索エンジンでの表示 →「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックしている。
・コメントを使用している
・目次を表示させている
・プライバシーポリシーをワードプレスのデフォルトを使ってる

記事の内容
・1記事の文字数が1000文字以下と少ない。
・ブログに投稿している記事数が10記事以下と少ない。
・見出しが多すぎて1記事1000文字で10個くらい<h2、3、4>タグを使っている。
・記事内に、目次機能、文字の装飾、キャラクター設定、吹き出し設定、枠、テーブル機能、リンクカード機能などを使っている。
・アドセンス審査合格に向いていないテーマで記事を書いている。
・日記系・レビュー系の記事を書いている。
・記事内に画像、動画(自分で撮った画像、動画も含む)を掲載している。
・引用、コピペ、で記事を書いている。

もしも、あなたのブログが1つでも上記に当てはまっていて、アドセンス審査の再審査で、もう為す術がない状態ならば、また、今からアドセンスのブログを作り始める初心者の方へ、私の考えるアドセンス審査対策用の以下の設定を参考にしてみてください。

私の考えるアドセンス審査対策用のブログの構成です。以下の見本のブログの構成でアドセンス審査に申請します。
アドセンス審査に合格したブログ「学んだ情報シェアブログ」(賢威7)https://rukawii.com/
賢威8テンプレート見本ブログhttps://keni8.rukawii.com/
賢威7テンプレート見本ブログhttps://keni.rukawii.com/
cocoonテンプレート見本ブログhttps://cocoon.rukawii.com/

そして、上記の見本のブログを作るためのブログの作り方の解説PDFです。ワードプレスのアドセンス審査対策用のダッシュボードの設定をPDFで解説しています。すべて公開しています。

アドセンスの審査の不合格の原因とWP設定の合格対策用PDFを公開
アドセンスの審査の不合格の原因とWP設定の合格対策用PDFを公開
アドセンスの審査の不合格の原因とWP設定の合格対策用PDFを公開

賢威8用のブログの作り方

賢威8ワードプレスの各設定の説明書
①賢威8テンプレートの説明書(アドセンス審査対策用)
②賢威8テンプレートのプラグインについての説明書
③賢威8グローバルメニューの作成の説明書
④賢威8Googleアナリティクス・Google Search Console登録の説明書
⑤賢威8エディターの記事の投稿の説明書
⑥賢威8のアドセンス広告の説明書
https://surflife.xsrv.jp/tokuten/keni8/keni8-1212.zip
SEOテンプレート【賢威】

賢威7用のブログの作り方

賢威7ワードプレスの各設定の説明書
①賢威7テンプレートの説明書(アドセンス審査対策用)
②賢威7テンプレートのプラグインについての説明書
③賢威7グローバルメニューの作成の説明書
④賢威7Googleアナリティクス・Google Search Console登録の説明書
⑤賢威7エディターの記事の投稿の説明書
⑥賢威7のアドセンス広告の説明書
https://surflife.xsrv.jp/tokuten/keni7/keni7-1212.zip
SEOテンプレート【賢威】

cocoon用のブログの作り方

cocoonワードプレスの各設定の説明書
cocoon設定の説明書
①cocoonテンプレートの説明書(アドセンス審査対策用)
②cocoonテンプレートのプラグインについての説明書
③cocoonグローバルメニューの作成の説明書
④cocoonのGoogleアナリティクス・Google Search Console登録の説明書
⑤cocoonのエディターの記事の投稿の説明書
⑥cocoonアドセンス広告の説明書
https://surflife.xsrv.jp/tokuten/cocoon/cocoon-1212.zip
cocoonテンプレート

「ワードプレスの各設定の説明書」は、賢威8、賢威7、cocoon用にそれぞれPDFで約70ページで作成しています。WP初心者の方へ、ワードプレスのダッシュボードの各種設定、説明をまとめています。見本のブログを作る説明書です。全てPDFで読むことが出来ます。

スポンサーリンク

アドセンス審査対策用のブログの構成です。
アドセンスの審査の不合格の原因とWP設定の合格対策用PDFを公開

グローバルメニューに「ホーム」「お問い合わせ」「プライバシーポリシー」「サイトマップ」を設置しています。

「ホーム」トップページにリンクさせています。
「お問い合わせ」プラグイン「コンタクトフォーム7」で固定ページで作っています。
「プライバシーポリシー」固定ページで作っています。リライトして使用してみてください。
「サイトマップ」プラグイン「PS Auto Sitemap」で固定ページで作っています。

サイドバー、ウィジェットに「最近の投稿(サムネイル無し)」「カテゴリー」「アーカイブ」「メタ情報」を設置しています。

「最近の投稿(サムネイル無し)」アドセンス審査中は「サムネイル無し」にして、合格後は「サムネイル付き」にします。アドセンス審査中は画像(サムネイル)が無いほうが良いと考えています。
「カテゴリー」記事のカテゴリーを表示します。
「アーカイブ」投稿日と投稿数を表示させます。
「メタ情報」ブログの情報です。

アドセンスの審査の不合格の原因とWP設定の合格対策用PDFを公開

「人気記事(PV付き・サムネイル付き」を使わない理由は、ブログ内にリンクを減らすためと、「ブログ内の操作」の問題です。読者が操作しやすい環境をアドセンス側は求めていて、同じサイドバー内に、同じ記事のリンクが二つあるのはアドセンス審査中は、良くないと私は考えています。「人気記事(PV付き・サムネイル付き」は合格後に掲載すると良いと思います。

導入しているプラグインです。
「Contact Form 7」
「Disable Comments」
「Google XML Sitemaps」
「No Self Pings」
「PS Auto Sitemap」
「Classic Editor」

 

「Contact Form 7」お問い合わせフォームが作れます。

「Disable Comments」ブログ内のすべてのコメントを停止できます。コメントは、ブログの読者の方とのコミュニケーションの場ですが、アドセンス審査中は停止しておきます。理由は、コメント欄は不特定多数の方がコメントされます。もしもアドセンスのプログラムポリシーに違反するような言葉、表現がコメント欄にあると、審査に影響すると考えていますので、審査中は「Disable Comments」でコメント停止しています。

「Google XML Sitemaps」検索エンジンにサイトマップを送信してくれます。

「No Self Pings」内部リンクでの通知セルフピンバックを制御してくれます。

「PS Auto Sitemap」サイトマップを自動で作成してくれます。「Google XML Sitemaps」は検索エンジン用サイトマップ、「PS Auto Sitemap」はブログ用サイトマップを作成できます。

「Classic Editor」ワードプレス5.0以降はエディターがGutenbergに進化しまいしたが、使い方が難しいと感じる方は、「Classic Editor」で旧エディターに戻します。cocoonには、旧エディターにプラグインなしで戻す機能があります。

更新情報サービス(PING送信一覧)
ダッシュボード →設定 →投稿設定 →更新情報サービス
http://rpc.pingomatic.com/
http://ping.blo.gs/
http://rpc.pingomatic.com/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://ping.fc2.com/
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://blog.with2.net/ping.php/
http://ping.feedburner.com/

以上がブログの構成・ダッシュボードの各設定です。設定方法はPDFで解説しています。シンプルなブログになります。ブログの設定アドセンス審査時にはシンプルなブログ構成が良いと思います。

スポンサーリンク

私が考えているアドセンス審査に通らない、落ちてしまう原因の理由と対策を解説していきます。

ドメイン「〇〇.com」を取得したとして、「〇〇.net」「〇〇.xyz」「〇〇.biz」「〇〇.xxx」「〇〇.adult」などで調べて、違法サイト、アダルトサイト等に使われている場合
→取得するドメイン「〇〇.com」を調べて、違法サイト、アダルトサイト等に使われていないドメインを選びます。

ブログの構成が複雑になっている
→サイドバーにウィジェットを多く設置している。ヘッダー部分に、画像リンク、動画、スライダー画像、カルーセル表示などを使っている場合。ブログを機能的にするのは、とても良いことです。今のテンプレートは、さまざまな機能があり、訪問者の方もブログを読むのが楽しいと思います。しかし、アドセンス審査に限っては、機能的なブログの構造、ダッシュボードの設定は、不合格になる恐れがあります。私のおすすめしているブログ構造、ダッシュボードの設定は、非常にシンプルな状態でアドセンス審査に申請します。

SNS(Twitter、facebook、Instagramなど)をリンクさせること、フォローボタン、シェアボタンを表示している
→今ではSNSとブログを連動、リンクさせて、SNSからのアクセスも取り入れることが出来ます。SNSはブログ運営に役に立つと思います。しかし、アドセンス審査中は、SNSは全て外します。アドセンス審査に合格後は、SNSを活用すると良いです。

(自分で撮った画像、動画も含む)ヘッダー画像、ファビコン、記事内の画像、動画、アイキャッチ画像を掲載している
→画像、動画は、掲載しません。「自分で撮った画像、動画は良い」と言われていますが、お店、商品、メーカーのロゴ、人、車のナンバー、個人宅、などが写りこんでいる場合があります。著作権、肖像権、プライバシーの問題が発生する恐れがあるので、アドセンス審査中は、ヘッダー画像、ファビコン、記事内の画像、動画、アイキャッチ画像の掲載せず、テキスト、文字だけのブログ、記事にします。

他サイトへの外部リンクをしている
→外部リンクとは、文字、画像にURLをリンクさせることです。クリックすると、他のサイトに移動します。アドセンス審査中は、外部リンクを掲載しないようにします。

記事内に内部リンクをしている(リンクカード機能など)
→内部リンクは、外部リンクと違い、同じブログ内でリンクすることです。サイドバーや、グローバルメニューで記事、固定記事に内部リンクしているのは良いのですが、アドセンス審査中は、記事中に、「リンクカード、賢威リンクカード」などで、内部リンクを使用しないようにします。

アドセンスではない他社のアフィリエイトリンクを掲載している
→アマゾン、楽天、カエレバ、ヨメレバ、A8、などの他社のアフィリエイト広告をアドセンス審査中は掲載しないようにします。

アドセンス審査用コードを2個以上入れてしまう。各ページにコードを入れている場合。
→アドセンス審査用コード(アドセンスコード)は、ブログに1個だけ挿入します。head内に1個で良いです。2個、3個とアドセンスコードをブログに挿入すると、アドセンス審査で、アドセンスコードが認識されずにエラーになります。賢威もcocoonも直接、HTML編集でアドセンスコードを挿入しなくても、ダッシュボードから挿入できます。

ブログのURLを間違えてアドセンス審査に記入する。
→単純な間違いで、アドセンス審査に申請する時に、ブログのURLを間違えて入力している場合があります。

ワードプレスのインストール時にURLを「https://〇〇〇.com/wp」と最後に「wp」を付けてしまっている
→ワードプレスを簡単インストールする時に、URLを「https://〇〇〇.com/wp」と最後に「wp」を付けてしまうことがあります。この場合、アドセンス審査に「https://〇〇〇.com/」と申請しても不合格になってしまいます。

Googleアナリティクス、Google Search Consoleに登録していない
→Googleアナリティクス、Google Search Consoleにブログを登録します。

ブログの個別記事で検索エンジンにindexさせたくない記事をnoindexで非表示にしている場合。
→ブログに記事が多数ある場合で、検索エンジンに「見てもらいたくない記事・固定記事」がある場合、noindexで検索エンジンにindexさせないようにします。しかし、このnoindexをしてもアドセンス審査では、ブログに掲載しているindex/noindexの記事、固定ページも全てアドセンス審査の対象になっていて、不合格になっている場合があります。noindexの記事は削除しておいた方が良いです。キャッシュも削除します。

古いコンテンツの削除
https://support.google.com/websearch/answer/6349986?hl=ja

ワードプレスのダッシュボード →設定 →表示設定 →検索エンジンでの表示 →「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックしている。
→ワードプレスの機能で、「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」という機能があります。この機能はデフォルトの設定では「インデックスする」になっているので問題ないのですが、ここにチェックしてしまうと、検索エンジンにブログが検索されずに、アドセンス審査で不合格になってしまいます。

コメントを使用している
→コメント機能は、ブログの運営で読者の方との会話の場なので、良い機能なのですが、コメントには、不特定多数の方がコメントできます。例えば、アドセンスには、「死」などの言葉を使わない、使ってはいけない表現、禁止事項があります。しかし、コメント欄に書かれてしまっていた場合、アドセンス審査に通らない場合があります。なので、私の考えはアドセンス審査中は、プラグイン「Disable Comments」でコメントを全て停止させます。アドセンス審査合格後は、コメントを有効にします。

目次を表示させている
→目次機能は、ワードプレスのテンプレートにはどれでも機能として付いています。便利な機能です。しかし、アドセンス審査中は、目次を表示しないようにします。理由として、目次は記事の「見出し<h2>、<h3>・・・」が表示されます。見出しには、キーワードが入っています。もちろん、アドセンス審査に合格後は、この状態でも良いのですが、アドセンス審査中に限って言えば、「キーワードの羅列と見られてしまう」恐れがあると考えています。

プライバシーポリシーをワードプレスのデフォルトを使ってる
→ワードプレスには、ダッシュボード →設定 →プライバシーの作成機能があります。デフォルトで準備されているプライバシーポリシーがあるのですが、このデフォルトの文章は、アドセンスブログでのプライバシーポリシーに適していないので、新しく、アドセンスブログ用のプライバシーポリシーを掲載する必要があります。
アドセンス審査対策用のPDF、アドセンス審査に合格した見本のブログのプライバシーポリシーをリライトして使用してみてください。https://rukawii.com/administrator

記事の内容
1記事の文字数が1000文字以下と少ない。
→1000文字以上というアドセンスからの基準がある訳ではないのですが、1000文字以上が良いと言われています。私は、さらに1500文字以上ならさらに良いと考えています。

ブログに投稿している記事数が10記事以下と少ない。
→アドセンス審査に申請する時の記事数が、10記事以下では合格が難しいと思います。私の考えでは、14、15記事以上で申請するのが良いと思います。アドセンス審査に合格したブログ「学んだ情報シェアブログ」は2週間14記事で申請して合格しています。

見出しが多すぎて1記事1000文字で10個くらい<h2、3、4>タグを使っている
→見出しは、記事を読みやすくなり便利なのですが、多すぎると、アドセンス審査には良くないです。これも、見出しと同じで、基本的に見出しにはキーワードを入れて書きます。これも目次と同じで、見出しが多すぎると「キーワードの羅列と見られてしまう」恐れがあると考えています。アドセンス審査に申請する記事は1500文字で3~4個の見出しが良いと思います。

記事内に、目次機能、文字の装飾、キャラクター設定、吹き出し設定、枠、テーブル機能、リンクカード機能などを使っている。
→アドセンス審査に申請する記事は、文字のみ(テキストのみ)の記事にします。文字の装飾で使うのは、「太文字」です。シンプルな記事でアドセンス審査に申請します。

アドセンス審査合格に向いていないテーマで記事を書いている
→アドセンス審査合格に向いていないテーマがあると私は考えています。

アドセンス審査の合格に向いているテーマの例
趣味・スポーツ・釣り・アウトドア・料理の作り方・パソコンの使い方(Windows、Mac)・祝日・年行事・育児・子育て・資格取得・制度の説明・ペットついて・栄養について・食事について・年金について・キャンプ・車中泊・山登り・ストレッチ・・・・

アドセンス審査合格に向いていないテーマの例
日記・食レポ・お店紹介・本・商品レビュー・本の感想・お店の料理レポート・医療・薬・自分の病気・会社の不満・世間の不満・愚痴・政治・宗教・アイドルニュース・芸能ニュース・画像・動画だけのブログ・・・

日記系・レビュー系の記事を書いている。
→現在ネット上にある多くのアドセンスブログは、日記系・レビュー系の記事を書いているブログが多いです。日記系・レビュー系のブログを見てアドセンスを始めるきっかけになることもあり、多くのアドセンスを始める方が、見本にして記事を書いて、アドセンス審査に申請しています。しかし、ここで問題なのが、現在のアドセンス審査には、日記系・レビュー系の記事を書いているブログは通りにくい、受からない傾向があるということです。

日記系・レビュー系のアドセンスブログは、「日記・食レポ・お店紹介・本・商品レビュー・本の感想・お店の料理レポート」が多いのですが、今のアドセンス審査では合格が難しいテーマになっています。アドセンス審査には、説明系・解説系の記事を書いて申請します。

記事内に画像、動画、イラスト(自分で撮った画像、動画も含む)を掲載している
→自分で撮った画像、動画でも掲載せずに、テキスト、文字だけの記事にします。ロイヤリティーフリーの画像、イラストも、アドセンス審査中は掲載しないようにします。

引用、コピペ、で記事を書いている
→ウィキペディアや、他のブログ・サイト、本、新聞、辞書、雑誌などからの引用は、アドセンス審査中はしないようにします。

以上が私が考えている、アドセンスの審査に合格するためにワードプレスブログの構成・各種設定と記事の内容についてです。

私の考えているアドセンス審査の基準

★1日1記事2週間、14~15記事投稿します。
★1記事1500文字、それ以上でも良いです。
★画像、動画を載せない。ファビコン画像も載せない。(デフォルトのファビコン画像のままで良いです。)
★リンクを載せない、他のサイトをリンクさせない。
★本、商品のレビューを記事に書かない。
★食レポ、お店紹介の記事を書かない。
★アドセンスではない他社(楽天、アマゾン、A8等)のアフィリエイトリンクを載せない。
★批判、中傷の記事を書かない。
★個人名を出さない。
★政治、宗教、病気、医療、薬、アルコール、タバコ、ギャンブルの記事を書かない。
★ツイッター連動を外す、facebook、他のソーシャルボタンも外す。
★引用とコピペをしない。
★目次を載せない。

アドセンス審査の記事について

アドセンスの審査に合格するためにワードプレスブログの構成・各種設定

賢威8用のブログの作り方

賢威8ワードプレスの各設定の説明書
①賢威8テンプレートの説明書(アドセンス審査対策用)
②賢威8テンプレートのプラグインについての説明書
③賢威8グローバルメニューの作成の説明書
④賢威8Googleアナリティクス・Google Search Console登録の説明書
⑤賢威8エディターの記事の投稿の説明書
⑥賢威8のアドセンス広告の説明書
https://surflife.xsrv.jp/tokuten/keni8/keni8-1212.zip
SEOテンプレート【賢威】

賢威7用のブログの作り方

賢威7ワードプレスの各設定の説明書
①賢威7テンプレートの説明書(アドセンス審査対策用)
②賢威7テンプレートのプラグインについての説明書
③賢威7グローバルメニューの作成の説明書
④賢威7Googleアナリティクス・Google Search Console登録の説明書
⑤賢威7エディターの記事の投稿の説明書
⑥賢威7のアドセンス広告の説明書
https://surflife.xsrv.jp/tokuten/keni7/keni7-1212.zip
SEOテンプレート【賢威】

cocoon用のブログの作り方

cocoonワードプレスの各設定の説明書
cocoon設定の説明書
①cocoonテンプレートの説明書(アドセンス審査対策用)
②cocoonテンプレートのプラグインについての説明書
③cocoonグローバルメニューの作成の説明書
④cocoonのGoogleアナリティクス・Google Search Console登録の説明書
⑤cocoonのエディターの記事の投稿の説明書
⑥cocoonアドセンス広告の説明書
https://surflife.xsrv.jp/tokuten/cocoon/cocoon-1212.zip
cocoonテンプレート


アドセンスの審査の不合格の原因と対策の解説と、ワードプレスブログのテンプレート「賢威8、賢威7、cocoon」の各種設定の合格対策用PDFの公開でした。参考にしてみてください。

アドセンス審査、審査合格対策用PDFについて、ご質問がある方は、お気軽に「お問い合わせ」からベルメンエアまで、ご連絡ください(^^)お役に立てればと思っています。

以上、
アドセンスの審査で合格するためのWPブログ設定の審査対策用PDF
でした。

スポンサーリンク