アドセンス審査の記事の書き方・作成方法で「記事の構成」を解説します。

アドセンス審査に合格するための記事の構成を解説します。実際にアドセンス審査に合格した見本のブログ記事の構成・記事内容を参考にして解説します。

ジャンル(分野)が決まっていて、関連キーワードを見て「説明系・解説系の記事」が書けるイメージが出来ていることを前提として解説していきます。


私のおすすめしているアドセンス審査に申請する記事の構成は
タイトル(32文字) キーワード×1個
要約(120~130文字)キーワード×1~2個(抜粋・メタディスクリプション・記事文頭)
各見出し キーワード×1個
記事本文(1500文字以上)キーワード×5~10個

以上の記事の構成になっています。

アドセンス審査の記事の書き方・作成を合格ブログ記事で解説します

アドセンス審査に初めて申請する初心者の方は、上記のおすすめの記事の構成が最初は記事が書きやすいと思います。記事の作成に慣れてきたら、あなたの好きな記事の構成に変えていって良いと思います。

文字数・記事数・画像・動画の有無・要約(抜粋)について、実際にアドセンス審査に合格した見本のブログ記事を参考にして解説します。

アドセンス審査の記事の文字数は、1500文字以上をおすすめしています。1000文字以上が良い、2000文字が良い、と諸説がありますが、数年前は「500文字以上」と言われていました。実際に文字数の基準は日々変わっていきます。文字数よりも記事内容が重要ですが、1500文字以上の文字数を多く書くと、アドセンス広告の記事内広告を多く張ることができます。

アドセンス審査に申請する時の記事数は2週間毎日1記事投稿して、14~15記事がおすすめです。申請中は毎日1記事が理想ですが、2~3日に1記事投稿していくと良いと思います。合格した見本のブログ記事は、2018年12月12日から12月25日までの2週間、毎日1記事で合計14記事投稿して合格しています。

アドセンス審査に合格した見本のブログ記事には、画像・動画を載せていませんでした。「画像・動画を載せても合格しました」と言われる方もいるのですが、私の考えでは、アドセンス審査に合格するまでは載せないほうが良いと思います。

要約(抜粋・メタディスクリプション・記事文頭)について
「メタディスクリプション」が空欄なら、「抜粋」から引用されます。「メタディスクリプション・抜粋」も空欄なら、記事冒頭から引用されます。

抜粋・メタディスクリプションに要約をまとめることで、検索結果に表示させたい文章を載ることが出来ます。
検索エンジンは要約のキーワードを認識していますし、人は検索結果の記事タイトルと要約の表示を見て、クリックして記事を選択します。

アドセンス審査に合格した見本のブログ記事の「タイトル・各見出し・要約」を見て参考にしてほしいと思いまとめました。

「タイトル・各見出し・要約」の書き方のイメージの作成の参考にしてみてください。

キーワード
「読書感想文 書き方 小学校一年生」
タイトル
「読書感想文の書き方で小学校一年生に親の私が教えた方法はこれ!」
見出し
「読書感想文の書き方で小学校一年生に教えた方法」
「読書感想文の書き方を小学校一年生に教えるには?」
「読書感想文の書き方で小学校一年生はいかに感想を書けるかどうか!」
要約
「読書感想文の書き方を小学校一年生の子供に教え、 子供が自ら夏の感想文の宿題を書き終えた方法を解説します。 読書感想文の書き方を小学校一年生に教えるのは大変難しい! 一体どう教えれば子供は自分で書けるようになるのか? 私が教えた方法です!」

キーワード
「車椅子 押し方 注意点」
タイトル
「車椅子の押し方で注意点することは?車いす介助が初めての方へ」
見出し
「車椅子の押し方で注意点はどこ?」
「車椅子の押し方で注意点の具体例」
「車椅子の押し方以外の注意点はクッション」
要約
「車椅子の押し方で注意点することはどんなことでしょうか? 車椅子で初めて介助する方へ。車椅子について、介助の経験がない方へ。 元福祉用具相談員、介護職の私が、初心者の方へ、車椅子の押し方で注意点することをまとめました。」

キーワード
「住宅改修 手すり」
タイトル
「住宅改修の手すりを提案する時に重要な考え方」 
見出し
「住宅改修の手すりをお客様に提案するときの重要な考え方。」
「住宅改修の手すりの提案は難しい・・・」
「住宅改修の手すりを設置するときに重要な考え方」
要約
「住宅改修の手すりを提案する時に意識する重要な考え方とは? 新人ケアマネさん、福祉用具貸与事業所の新人さんへ。 元福祉用具相談員で住宅改修の現場で得た経験の中で  住宅改修の手すりをお客様に提案するときに注意する点をまとめました。」

キーワード
「ミッション車 駐車時 ギア」
タイトル
「ミッション車は駐車時にギアは入れるの?入れないの?坂道は?」
見出し
「ミッション車の駐車時のギアはNor1速orR?」
「ミッション車の駐車時のギアは・・・どちらも正解?」
「ミッション車の駐車時のギアは状況に合わせて決めたほうが良い!」
要約
「ミッション車の駐車時にはギアを1速、バックギア?ニュートラル?普段何気なく駐車していますが、
ミッションの車は、駐車時にどうするのが良いのか?疑問が出来てきました!ミッション車の駐車時のギアは?乗用車~トラックと調べてみました!」

キーワード
「ランニング 初心者 走り方」
タイトル
「ランニングの初心者の走り方5~10km走るための練習方法」
見出し
「ランニングで初心者の走り方を解説」
「ランニングの初心者でもできる走り方はこれ!」
「ランニングで初心者の走り方は①②③でどれだけ心肺機能を鍛えるか!」
要約
「ランニングの初心者の走り方は最初は、基礎体力をつけることから始めましょう。 ランニングに興味を持ち、装備を揃えていきなり走り出すと体に無理が出ます。 ランニングで初心者の走り方で5~10km無理なく走ることが出来る練習方法を解説します。」

キーワード
「腕立て伏せ できない」
タイトル
「腕立て伏せができないあなたの原因は何?連続30回出来る練習法」
見出し
「腕立て伏せができないあなたの原因を考えましょう!」
「腕立て伏せができない方々の原因は練習法に無理がある。」
「腕立て伏せができない原因は、基礎体力がついていないから。」
要約
「腕立て伏せができないあなたの原因は一体どこにあるのか? まずは連続して30回出来るために必要な初心者が始める 練習法を解説しています。 腕立て伏せができないあなたの原因を知り、 30回、50回と出来る体になりましょう!男女共通の練習法です。」

キーワード
「シーバス タモ入れ コツ」
タイトル
「シーバスのタモ入れのコツで私がやっている失敗しない工夫はこれ!」
見出し
「シーバスのタモ入れのコツは失敗から学ぶしかない?」
「シーバスのタモ入れのコツは道具の見直しから」
「シーバスのタモ入れのコツ、実践編」
要約
「シーバスのタモ入れのコツを私が失敗を重ねてばらし続け 悔しい思いを何回もした結果、習得したばらさない工夫を解説します。 シーバスのタモ入れでコツを探している方、 シーバス初心者の方へ、道具の見直しとやり方をまとめました。」

キーワード
「シーバス ジグヘッド ワーム」
タイトル
「シーバスはジグヘッドとワームで釣るのが良く釣れる!コツは重さ?」
見出し
「シーバスはジグヘッドとワームの組み合わせが良く釣れる!」
「シーバスはジグヘッド+ワームでも釣れる!」
「シーバスのジグヘッド+ワームでのコツ」
要約
「シーバスはジグヘッドとワームの組み合わせで釣るのが良く釣れると個人的に思います。 しかもハードルアーで何度も攻めた後に使うと効果的!そして一番のメリットは、安いこと(笑) シーバスのジグヘッドとワームでの釣り方についてまとめました。」

キーワード
「シーバス ドリフト やり方」
タイトル
「シーバスのドリフトのやり方は?ランカーに効き初心者でもできる!」
見出し
「シーバスのドリフトのやり方を覚えたきっかけ」
「シーバスのドリフトのやり方を簡単に説明!」
「シーバスのドリフトのやり方でコツはターンを障害物に合わせる」
要約
「シーバスのドリフトのやり方を初心者でも分かりやすく教えてほしい! (過去の私の事(笑))80UPのランカーに出会える確立を上げる為には、ドリフトにチャレンジしましょう!シーバスのドリフトのやり方を初心者目線で解説します!全てはランカーのため!」

キーワード
「メルカリ 売る秘訣」
タイトル
「メルカリで売る秘訣で商品の説明に書くべきコツを解説します」
見出し
「メルカリで売る秘訣はとにかく家にある使わないものを数多く売る(笑)」
「メルカリで売る秘訣「商品の説明」に書く内容」
「メルカリで売る秘訣は、コメントでの値引き交渉を長引かせない。」
要約
「メルカリで売る秘訣で、「商品の説明」に何を書いたら良いのか? 私も売れていない頃は、分かっていませんでした。 今では写真以外でも「商品の説明」でアピールが出来ていて、 購入に繋がっています。メルカリで売る秘訣、説明文の書き方についてまとめました。」

キーワード
「メルカリ 写真 コツ」
タイトル
「メルカリの写真のコツで服は売れる撮り方がある!大人の服編」
見出し
「メルカリの写真のコツで服の撮り方の私の工夫」
「メルカリの写真のコツで大人の服は、服に動きを出す。」
「メルカリで写真と撮るときのコツで服でやらないほうが良いこと」
要約
「メルカリの写真のコツで服の写真を撮る時の売れる購入される撮り方を紹介しています。 価格も確かにポイントですが、特に大人の服は写真が重要です。 メルカリの写真のコツで服はどう撮ればいいのか?まとめてみました。」

キーワード
「メルカリ 子供服 売れるコツ」
タイトル
「メルカリで子供服が売れるコツを解説!使用品、お古でも売れる!」
見出し
「メルカリで子供服が売れるコツは写真?価格?」
「メルカリで子供服が売れるコツは写真の取り方を工夫する」
「メルカリで子供服が売れるコツはきちんとサイズを書くこと!」
要約
「メルカリで子供服が売れるコツを解説します!出品して「いいね」はついても、なかなか購入にならない。 コメントも来ない。子供服どうしたら売れるのか?そんな悩みの参考にしてください。 メルカリで子供服が売れるコツをまとめました。」

キーワード
「メルカリ 仕入れ」
タイトル
「メルカリの仕入れはどこで?服は意外なところで安く買える!」
見出し
「メルカリの仕入れで服を買っている場所、教えます!」
「メルカリの仕入れで服は、難しい」
「メルカリの仕入れで服は、子供服がおすすめ!」
要約
「メルカリの仕入れはどこがいいのか?私が服を安く買っている 穴場の仕入れ先を見つけるコツを解説します。 メルカリの仕入れで服はどこで買うのかよいのか? あなたの地域でもきっと見つかりますよ!ポイントはどれだけ安く買うことが出来るかです!」

キーワード
「ロモサルタード ペルー料理」
タイトル
「ロモサルタードはペルー料理で我が家ではカレーよりも人気メニュー」
見出し
「ロモサルタードはペルー料理の人気の料理」
「ロモサルタードはペルー料理でトマトが重要!」
「ロモサルタードはペルー料理でトマト嫌いでも食べれる!?」
要約
「ロモサルタードはペルー料理で一般的な人気の料理だそうです。 我が家では、カレーよりも人気で、作り方も簡単で楽(笑) ロモサルタードは我が家で旦那でも作れるペルー料理です。 あなたのレパートリーにロモサルタードを追加してみませんか?」

全ての構成は
タイトル(32文字) キーワード×1個
要約(120~130文字)キーワード×1~2個(抜粋・メタディスクリプション・記事文頭)
各見出し キーワード×1個

になっています。

スポンサーリンク

アドセンス審査の記事の書き方で記事にキーワードを入れる場所と個数の考え方

アドセンス審査の記事の書き方で記事にキーワードを入れる場所と個数の考え方を解説します。キーワードの入れ方は人それぞれ意見が異なりますが、私がおすすめしている方法を解説します。

タイトル(32文字) キーワード×1個
要約(120~130文字)キーワード×1~2個(抜粋・メタディスクリプション・記事文頭)
各見出し キーワード×1個

記事本文(1500文字以上)キーワード×5~10個

私の考えは、根拠は無いのですが、1記事1500文字で3章に分けて、各章500文字に2~3個のキーワードを入れています。

「文字数に対してキーワードは何個入れるのが最適か?」という基準は検索エンジンにしか分かりません。なので、手探りで文字数とキーワードの関係を検証しないといけないのですが、私の考えでは、記事本文(1500文字以上では)キーワード×5~10個が良いかな。と思っています。

記事の本文にキーワードを入れる場所は、「全体に自然に配置する」のが良いと思います。

記事の本文の先頭部分、文末部分にキーワードが偏るのも良くないですし、まったくキーワードが無いのも良くないです。記事を読むのは人なので、キーワードを入れながらも人が読んで自然な文章になるのが理想です。

例としてキーワードが「メルカリ 仕入れ」とします。

キーワードは、
「メルカリの仕入れは・・・」
「メルカリでの仕入れで注意するのは・・・」と関連キーワードと繋げて書かなくてもよいです。書いても良いです。

メルカリは・・・・・・で私は仕入れは〇〇〇です」
仕入れは子供服をフリーマーケットで購入しています。またメルカリでの・・・は、・・・・」
このように関連キーワードを常につなげる必要はありません。

アドセンス審査に合格したブログに記事は、キーワードが自然に配置されています!とは正直言えません(笑)
読んでもらえばお分かりいただけると思いますが、実際にところ、正直に言うと、私の奥さんが作成した記事に、私が不自然ですが無理やり、キーワードを入れ込んで書いています(笑)

それでもアドセンス審査に合格していますが、きっとあなたの方がキーワードを入れて自然な文章が書けると思います。

参考にアドセンス審査に合格した見本のブログ「学んだ情報シェアブログ」を「キーワードを意識しながら」読んで、キーワードの場所・配置、個数を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

記事には一体何を書けばよいのか?書き方のコツを解説します。

ここまで読んでいただいて、「しかし、やっぱり記事に何を書いたらいいのか分からない、記事内容は何を書くのか?」と悩んでしまう方もいらっしゃると思います。

では、結局記事には何を書けばよいのかと言うと・・・・・

「あなたの書きたいこと、思った事を記事にそのまま書けばよいです」

アドセンス審査にまずは合格するために、記事の構成・記事内容・タイトル・見出し・要約(抜粋)・文字数・記事数・画像・動画の有無・キーワードの場所配置・キーワードの個数を意識して、さらに「説明系・解説系の記事」を書くことを意識すれば、あとは、「あなたの書きたいこと、思った事を記事にそのまま書けばよいです」

あなたが書いた記事に価値があるのか、質が高いのか、決めるのはアドセンス運営の方が決めます。
アドセンス審査に合格するということは、アドセンス運営の方があなたのブログの記事内容の価値・質を認めてくれたことになります。

このようにして、あなたが記事を書いていけば、継続出来ますし、アドセンス審査に合格して、収益が上がっていけば、さらに自信にもつながっていくと思います。

これが、私ベルメンエアが考えている「アドセンス審査の記事の書き方・作成の方法」です。このブログで解説している方法と、アドセンス審査に合格したブログを参考にしていただければ、きっと、アドセンス審査に合格できる記事を書くことが出来ると思っています。

繰り返しになりますが、アドセンス審査に合格した見本のブログ「学んだ情報シェアブログ」も読んで見てください。また「アドセンス審査合格レッスン」も参考にしてみてください。

それでも、「記事の書き方、作成の方法について、分からない」と思われる方は、お気軽に「お問い合わせ」からベルメンエアまで、ご連絡ください(^^)お役に立てればと思っています。

以上、
アドセンス審査の記事の書き方・作成を合格ブログ記事で解説します
でした。