アドセンス審査に合格するためのワードプレスの設定と意味「ダッシュボード→プラグイン」

ワードプレスの設定は、初めての方には、ちょっと難しいと感じます。特に、ワードプレスを簡単インストールしてから、ワードプレスのダッシュボードの各種設定が難しいと思います。

ワードプレスは、運営していくブログによって、さまざまな設定が出来ます。ワードプレスの設定する項目は、沢山あります。テンプレートによっても変わります。そこで、アドセンス審査に合格するために、私が行っている「アドセンス審査合格対策用ワードプレス初期設定」(ダッシュボード→プラグイン)を解説していきます。

実際に、アドセンス審査に合格したブログ「学んだ情報シェアブログ」の設定と同じ設定で、私が、周りの方々におすすめしているワードプレスの設定です。

ワードプレスのダッシュボードとは以下の場所の事です。(賢威8のダッシュボードの画像です。)
アドセンス審査合格対策用ワードプレス初期設定「設定→投稿設定」

ダッシュボードの項目は、ワードプレスのテンプレートで異なります。
例として、賢威8では、「賢威の設定」「賢威リンクカード」「共通コンテンツ」は賢威8の独自の項目です。cocoonでは「cocoon設定」が独自の項目です。

今回は、どのテンプレートでも共通しているワードプレスの設定「ダッシュボード→プラグイン」を解説していきます。

スポンサーリンク

アドセンス審査時のワードプレスの設定「ダッシュボード→プラグイン」

ワードプレス初期設定「プラグイン」アドセンス審査合格対策用

「プラグイン」の設定では、
Classic Editor
Contact Form 7
Disable Comments
No Self Pings
PS Auto Sitemap
Google XML Sitemaps

以上を設定していきます。

「Akismet Anti-Spam」
(個人的におすすめのプラグインでしたが、広告を掲載すると有料になります。アドセンスも広告なので、厳密には有料での使用になります。無料での使用は個人の判断に委ねられるところですが、私は、おすすめのプラグインから外しています。)

インストール済みプラグイン →ここには、ワードプレスにインストールしたプラグインがあります。ここから、プラグインの設定、有効化、削除を行います。

新規追加 →ここから、新しくブログインを追加します。

プラグインエディター →ここは、プラグインのブログラムを編集することが出来ます。一般的には、使用することがないと思います。

アドセンス審査合格対策用の「プラグイン」の設定です。

私が、アドセンス審査でおすすめしているプラグインは、以下の通りです。少ないと感じる方が多いと思われます。この少ないプラグインにしたのには理由があって、プラグインは、どれも機能が凄く良くて、調べてみると、すべてが必要だと感じてしまいます。また、プラグインは無数にあるので、気が付くと、調べた分だけプラグインが増えてしまい、プラグインだらけのワードプレスになってしまう方がいらっしゃいます。

プラグインの導入に時間がかかってしまうのは、アドセンス審査を受ける前には、時間がもったいないと考えていて、記事の作成に時間を費やしてほしいと思っています。

そこで、私は、(個人的に)最低限必要だと思うプラグインをおすすめしています。このプラグインだけでアドセンス審査に合格しています。(もちろん、他に、お好きなプラグインがある場合は、導入しても大丈夫です。)

Classic Editor

ワードプレス5.0以降、エディターが「Gutenberg」に変更されました。ブロックエディターとも呼ばれます。新しいエディターが今後、主流になっていくと思いますが、現時点で、直感的に扱い方がちょっと難しく、戸惑ってしまう方が多いのが現状です。私も、新しいエディターにチャレンジして、あきらめて、プラグイン「Classic Editor」を導入して、旧エディターに戻して使用しています。

新エディターを旧エディターに戻してくれるプラグインが「Classic Editor」です。

 

Contact Form 7

ワードプレスの「お問い合わせ」に使用します。デフォルトの設定が、私のブログ「アドセンスリアライズ」、アドセンス審査に合格した見本のブログの「お問い合わせ」です。

デフォルトのフォームを使用しても、「名前」「メールアドレス」「題名」「メッセージ本文」がそろっているので、そのまま使用しても問題ありません。また細かい設定も可能です。

 

Disable Comments

ワードプレス初期設定「プラグイン」アドセンス審査合格対策用
「どこでも」にチェックします。

ブログ内のすべてのコメント機能を停止出来ます。私は、アドセンス審査時には、コメント機能を使わないほうが良いと考えています。ですので、このプラグイン「Disable Comments」を使います。

アドセンス審査合格後に、コメント機能を使用するのは、とても良いと思います。その時には、「Disable Comments」を詳細設定するか、停止、削除してください。

 

No Self Pings

ワードプレスのセルフピンバックを停止してくれるプラグインです。ワードプレスはピンバック機能があらかじめ付いていて、ブログ内の全てのリンク、内部リンクでもピンバックを送ります。ブログ運営していくと、通知が多くなってしまうので、最初から「No Self Pings」で止めておきます。

 

PS Auto Sitemap

ブログのサイトマップを自動で作成してくれる便利なプラグインです。グローバルメニューに設置するサイトマップです。

 

Google XML Sitemaps

「PS Auto Sitemap」のサイトマップとは異なり、検索エンジンに向けてのサイトマップを自動で作成してくれるプラグインです。

「PS Auto Sitemap・Google XML Sitemaps」の設定、使用方法は、こちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

アドセンス審査時のワードプレスの設定「プラグイン」のまとめ

以上がベルメンエアがおすすめしている、アドセンス審査合格対策用の「プラグイン」の設定です。特に、設定が難しいプラグインは、「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」がちょっと難しいだけで、あとは、インストールして有効化すれば、設定が出来ます。

cocoonテンプレートには、「PS Auto Sitemap」を使わなくてもサイトマップが作れる機能があります。

再度ご説明になりますが、「Disable Comments」は、ブログ全てにおいて、コメント機能を停止出来るので、アドセンス審査に合格した後、コメント機能を使用したい方は、「Disable Comments」を詳細設定するか、停止または削除してください。

以上が私のおすすめするプラグインです。

アドセンス審査に合格したブログ「学んだ情報シェアブログ」です。参考にしてみてください。

ご質問等がある方は、お気軽に「お問い合わせ」からベルメンエアまで、ご連絡ください(^^)お役に立てればと思っています。

以上、
ワードプレス初期設定「プラグイン」アドセンス審査合格対策用
でした。

スポンサーリンク